低身長さんの卒業式に着る袴選びのポイント

低身長さんの卒業式に着る袴選びのポイント 卒業式には、袴を着る人も多いでしょう。
背が高い人、背が低い人、それぞれ着る時は悩みもあります。
低身長の人が袴路選ぶ時のポイントは、柄が細かい物を選びましょう。
大きい柄は、柄に目がいってしまうので、低身長の人は、細かい柄を選ぶことで、身長の低さとバランスが合います。
無地の生地でも、柄が入っているものでも好みですが、色は、濃い色よりも淡い色、薄い色を選ぶと良いでしょう。
背の高い人は、紫や、赤、緑とはっきりした色を着こなすことができますが、低身長の場合は、濃い色のほうが目立ってしまい、身長の低さを強調してしまう可能性もあります。
淡いピンクや、淡い緑、うす紫、オフホワイトを選ぶと、可愛らしい感じで着こなすことができます。
卒業式の袴は、着物を持っている人は、袴をレンタルする人も多いでしょう。
レンタルする時は、上の着物とのバランスも大事です。
着物も一緒に借りる人は、柄が上半身の上のほうにあるものを選びましょう。
桜や梅、最近では、欧米の花をモチーフにした着物の柄もあります。
小さい柄の模様を選ぶと、身長の低さは目立たず、コンパクトにまとまります。
低身長の人には、着物の色と、柄のバランスが大切です。
上に目線がいくもの、淡い色、細かい柄を選ぶのがポイントです。

初体験でも大丈夫!レンタル袴の着付けを先取りチェックしよう

初体験でも大丈夫!レンタル袴の着付けを先取りチェックしよう 「卒業式に袴を穿きたいけど、持ってないし、着物初体験だし、大丈夫かしら」と心配することは全くありません。
レンタルで借りれば安いし、着付け自体もとっても簡単なので、ぜひチャレンジしてみてください。
袴を着用する際には、振袖でも小袖でも、袖の長さに制限はありません。
手持ちの着物かレンタルで借りるのも良いでしょう。
着物を着る時に初心者が困るのが帯周りですよね。
着物初体験で何を準備してよいのか迷うところです。
準備する物も簡単です。
なぜなら、一番難しい帯周りが袴で隠れてしまうのです。
多少の失敗や粗は見えなくなってしまうので、安心してください。
さらに着物の裾を通常よりも短めに上げておくと足さばきも良くなり、動きやすいので階段の昇り降りも楽チンです。
実際には、長襦袢の上に着物を着て、帯は文庫結びにします。
これは浴衣時にも使えますし、蝶々結びの応用なのですぐに覚えられます。
袴は長いスカートのようになっていますから、足を入れ、背中側にある背板部分を帯に乗せ、帯紐を前に回して軽く蝶々結びに、前部分を持ち上げ、帯紐を後ろで交差し、前でキレイな蝶々結びにします。
全て蝶々結びであったり、応用ですから、見た目ほど難しくはありません。
卒業式までに一度、動画などを見ながら穿いてみると覚えられると思います。