卒業式に袴を着たい人必見!サイズの測り方

卒業式に袴を着たい人必見!サイズの測り方 袴は洋服とはサイズの測り方が違います。
きちんとした測り方をすることで自分の身体にフィットした袴を着ることが出来ます。
袴は胸の下で締めるという形状になっているため、アンダーバストの5cm下から足首のくるぶしまでの長さを測ります。
この時、身体の横の部分ではなくお腹を通るように測るのがポイントです。
ぽっちゃりしている人はお腹の出具合によっては持ち上がって短くなってしまいますし、痩せ型の人の場合は逆に長さが余ってしまう可能性があるためです。
着物は1センチほどしか草履をはく場合には調整が出来ませんし袴のサイズは特注をしない限り3~4ほどしかサイズ展開がないので、きちんと測ることが重要です。
また、ブーツを履くときには草履を履くときよりも5~6cmほど短いものを選ぶようにします。
これは草履と同じ長さのものにしてしまうとブーツが履いているのがわからない上に編み上げのところに引っかかってしまい歩きにくいだけではなく破ったり汚したりする原因になるためです。

卒業式をレトロに決めよう!お気に入りの袴を見つける方法

卒業式をレトロに決めよう!お気に入りの袴を見つける方法 卒業式に袴を穿きたいなら、次のポイントがあります。
手持ちの着物や、着たい着物の柄によっても選び方は変わってきます。
もしも手持ちの着物があるようなら、それに合わせて柄のうちの一色を取るのも良いでしょう。
また、柄が地味な場合には、柄とは反対色を持ってきても粋です。
着たい着物に合わせて選ぶのが簡単な方法です。
着物の柄が大判で派手な物には、無地の袴か、柄があっても裾だけにしましょう。
胸元や袖に大きな柄がある場合、無地の袴をもってくることで、レトロな雰囲気になります。
足元は編み上げブーツでもOKですが、その場合は若干裾を上げましょう。
足袋と草履の時よりも、裾を短めに付けます。
足さばきしやすくなり、ブーツの異質感がレトロ感を醸し出します。
また、髪型は振袖を着る時よりも、少し控えめにしましょう。
振袖は、若い女性の礼装の一種ですが、袴を穿くとなると礼装とはいえません。
派手な振袖に合わせて、派手に結い上げる髪型では、アンバランスになってしまいます。
着物の柄や、全体の雰囲気に合わせた髪型を選び、バランスを取るように心がけましょう。